文字:







本日の閉館時間
原則17:00閉館
事前予約がある場合は
最大20:30まで開館

本日22日(金)20:00閉館

23日(土)17:00
24日(日)休館日
25日(月)20:30
26日(火)20:00
27日(水)17:00
28日(木)20:30
 
全館占用利用日のお知らせ
全館占用利用の時間帯は、一般のご利用はできませんのでご注意ください。
 【全館占用利用日】
●3月16日(土)
16:00~18:30
ワールドキャンパスいせはら
 
 
情報提供のお願い

 このページを利用して、登録団体の皆さんから情報発信することができます。
市民の皆さんに、より多くの「役立つ情報」が届きますよう、皆さんからの情報提供をお願いいたします。

 サポセンに「掲示物・配架物」として持ち込まれたチラシなどについては「館内掲示板・配布台から」のページに掲載していますが、写真や添付書類を使ったより詳細な情報や、チラシ以外の情報などをお寄せいただければ幸いです。
 なお、写真の掲載にあたっては、写っている方々の個人情報について十分にご留意・ご配慮ください。(全員の公開同意を原則とし、当方は一切の責任を持ちえません)

 情報提供の方法については、利用登録団体会員専用ページ「このサイトの使い方」をご覧ください。
 
登録団体から情報発信ができます!
利用登録団体からのお知らせ
12345
2019/02/21new

3/16の文化財ウォークのご案内です。

Tweet ThisSend to Facebook | by 雨岳文庫を活用する会

今日2/21は、3/16(土)に計画されています「雨岳ガイドの会」主催の文化財ウォーク「青山道(上粕屋~大山)」の試歩を行いました。自分たちではよく分かっているコースと思いながらも、改めて歩いてみると新たな発見と気づきがありました。今日は子易明神の拝殿の「底板のない柄杓」の写真と、本ウォークの「案内チラシ」を掲載させていただきました。「底板のない柄杓」は、この柄杓が何の障害も無く水を通すことに因んで、赤ちゃんが何の苦も無く誕生されることを願って奉納されたものと言われています。私たちは皆様と共に新たな宝物捜しを楽しみたいと思っています。

ご参考

「雨岳文庫」 ホームページ  http://www.ugakubunko.com




22:15
2019/02/20new

パソコンを活用する会 PC相談デー次回は2月26日(火)

Tweet ThisSend to Facebook | by パソコンを活用する会
「パソコンを活用する会」では、毎週火曜日に定例勉強会をサポセンで開催しています。
お互いに教え合い、学び合い、せっかく手元にあるパソコンをもっと活用していこう、という会です。
一般市民の方のパソコンやIT機器の相談にも応えていけるよう、これらの定例会をPC相談デーと名付けました。どうぞお気軽にご参加ください。

【2月の予定】 5日、 12日、 19日、 26日  毎週火曜日 10:00~12:00
【3月の予定】 5日、 12日、 19日、 26日  毎週火曜日 10:00~12:00

【会費】 正会員は年1200円ですが、お試しの1日会員は1回200円でOK。
05:46 | その他耳より情報
2019/02/18new

昭和初期のお雛様を飾りました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 雨岳文庫を活用する会

本日2/18(月)は、毎月雨岳ガイドの会のメンバーにより行われている山口家総点検にて、昭和初期のお雛様を、書院造の部屋に飾りました。一方、山口家の梅林では梅の花が咲き誇っています。是非山口家にて、この時期ならではの古民家の風情をお楽しみいただければと会員一同皆様のご来訪をお待ちしています。

ご参考

「雨岳文庫」 ホームページ  http://www.ugakubunko.com


昭和8年のお雛様です。親王様が右側に居られますよ! 何故でしょう?






















19:31
2019/02/08

3月度市民無料相談会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 市民なんでも相談室「縁」
市民なんでも相談室「縁」です。

日頃は当相談室をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

前々回ご紹介しました、「現代版家督相続制度」とも言うべき「家族信託」についてはもう少々ご説明させてください。

以前にお話させて頂きましたように、不動産や預貯金などの財産を持っている方(委託者)が、まだ元気なうちにそれらの財産の運用管理を、信頼できる家族等(受託者)に託す家族間の契約を「家族信託」と言います(この契約は原則として公正証書にします)。

家族信託によって不動産や預貯金等の金融資産の名義を長男に変更した場合ですが、家族信託は生前贈与と違い、原則として贈与税はかかりません。但し、委託者の存命中に受益者を変更した場合には「みなし贈与税」が課税され、委託者が死亡した場合は、通常の相続と同じく「相続税」の課税対象となります(基礎控除額を上回る場合のみ)。

財産を委託する方(委託者といいます)にとって一番心配なことが、この「名義が変わる」ことですがご心配は無用です。

「名義が変わる」といいましても、名実ともに所有権が移転するというわけではなく、委託者から受託者に名義が移った財産は、(いちいち英語でいう必要はないのですが、家族信託はアメリカに始まった「ファミリー・トラスト」が起源と言われています)英語で言うところの「nobodys property(ノーバディズ・プロパティ)」つまり「誰のものでもない財産」という特殊な財産となり、受託者は委託者の同意を得ずに勝手に財産を処分することはできません。

通常は、受託者は委託者の生活支援に役立てるために財産を適切に運用管理し、例えば、委託者が病気となり入院の必要が生じたり、あるいは介護施設に入所するなどの止むを得ない事情に限って、預貯金を解約したり不動産を処分したりすることができるのです。

また「家族信託」には「遺言機能」もありますから、委託者死亡後の財産の承継人を何代にもわたって指定することが可能です。

つまり「家族信託」とは、①財産の運用管理 ②委託者の生活支援 ③遺言の3つの機能を、たった一つの仕組みだけで完結できる大変便利な制度なのです。

元気なうちに家業(農業や商店)を長男に継がせたい、他人が後見人となる成年後見制度を使うのは嫌だ、認知症になったときに家族に負担をかけたくない、私が死んだあと残される家内の生活が心配だ、財産を思い通りに承継させたい、という方は、是非一度相談してみて下さい。

平成31年3月度の無料相談会日程

【場所】 いせはら市民活動サポートセンター打ち合わせコーナー①

     
【日程】 3/2(土) 3/9(土) 3/16(土) 3/23(土) 3/30(土) 

【時間】 13:30~17:00

【相談事例】 相続事務、遺言作成(遺言執行含む)、成年後見(法定後見、任意後見)、生前(死後)事務委任、家族信託、各種公正証書作成、消費トラブル、農地転用(農地法4条、5条)、太陽光発電事業者への農地売却、産業廃棄物収集運搬業許可、建設業許可、倉庫業登録、告訴・告発状作成、各種内容証明作成等

【ご予約】 原則不要ですが、なるべくならご予約をお勧めします。

【相談料】 無料

【お問い合わせ】 市民なんでも相談室「縁」坂本まで

【電話】 0463-86-6918 /   090-1033-8723

下記ホームページの【お問い合わせ】メールフォームからもお問い合わせできます。

行政書士 坂本法務事務所 ホームページ

 
http://dentou-souzoku.jimdo.com/  

尚、今月2月の無料相談会開催日は、2/9(土) 2/16(土) 2/23(土)です。

07:11
2019/02/03

週末の山口家は皆様をお迎えする準備中です。

Tweet ThisSend to Facebook | by 雨岳文庫を活用する会

今週末には山口家にて今後の文化財ウォークの検討と、2/10の味噌づくりのリハーサルが行われ、今後の活動に向けた「おもてなし」の準備を行いました。冒頭の写真は山口家の梅林からの大山遠望です。梅の花も開花し、皆さまをお待ちしています。

ご参考

「雨岳文庫」 ホームページ  http://www.ugakubunko.com

 


18:00
2019/01/30

【イセハライチ】次回は2月24日開催

Tweet ThisSend to Facebook | by NPO法人 イセハライク
「市民朝市」を市民の手で復活させようと、NPO法人イセハライクで「イセハライチ」を企画、毎月第4日曜日の定例市を、総合運動公園で開催しています。
市民活動団体によるフリーマーケットも大歓迎です。ぜひご参加ください。
農家さんによる野菜販売や、キッチンカー、グルメ販売、縁日屋台などのお楽しみもいっぱい!
1月のイチにはフラダンスのステージ披露もありました! たのしいイセハライチにぜひお出かけください。

【日時】 2月 24日(日) 10:00~15:00 ※毎月第4日曜日
【場所】 伊勢原市総合運動公園 体育館前広場

【主催・申込・問合せ】NPO法人イセハライク 090-8722-6163
【後援】 伊勢原市・伊勢原市商工会
09:30 | イベントのお知らせ
2019/01/20

山口家の梅に関する話題のご紹介です。

Tweet ThisSend to Facebook | by 雨岳文庫を活用する会

1/20(日)には、梅の花が恥ずかしそうに微笑み始めた山口家の梅林にて「自然の会」の皆様による剪定作業が行われました。30名以上の多くの方が、ベテランの方の指導を受け剪定作業を楽しんでおられました。主屋では2月後半と3月初旬に計画されている「春色フェスタ」の準備委員会が開かれ、フェスタが皆様に喜んでいただけるお祭りになるようにように熱心な検討がなされていました。また、フェスタ委員会に参加されたお母様に連れられた楽しい小学2年生を交えた計5名の方が、主屋並びに資料館での大山の展示を見学され、神棚を支えている「仕組」や、2階の柱のつなぎ個所の「飾り」など、珍しい「匠の仕掛」にも興味深々でした。

ここでは剪定作業風景とフェスタ委員会のスナップを掲載させていただきましたのでご覧ください。梅林ではこれから本格的に開花する梅の花が皆様のご来訪を楽しみに待っております。

ご参考

「雨岳文庫」 ホームページ  http://www.ugakubunko.com





18:28
2019/01/11

2月度市民無料相談会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 市民なんでも相談室「縁」
市民なんでも相談室「縁(えにし)」でございます。

いつも、当相談室をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

前回は「家族信託」について簡略にご案内させていただきましたが、今回は「遺言」について少しお話させてください。

「遺言を書くなんて不吉だから嫌だ」

という方がいらっしゃるのではないかと思いますが、それは大きな誤解でして、ご自身で築いた財産を思い通りに相続させるのに抜群の効果を発揮するのが遺言です。

例えば、特定の子供に多く財産を残してやりたい、(介護等で)世話になった息子の嫁にも財産をあげたい、未入籍の女性(内縁の妻)に財産を残したい、というケースや、その逆に、暴力を振るう二男には財産を上げたくない、(子や孫がいないケースで)仲の悪い兄弟に遺産を渡したくないなどというケースでは、遺言があればその思いをほぼ遺言者の希望通りに叶えることができます。

生命保険に加入するのに、「縁起でもない」という方はまずいないでしょう。遺言もそれと同じです。「縁起でもない」どころか、遺言を書いたことで肩の荷が下り、却って長生きするのではないでしょうか。

民法が改正され、自筆証書遺言の法務局での保管制度がいよいよ本年からスタートします。

これにより、面倒だった家庭裁判所での検認手続きが不要となり、私たちにとって遺言はよりいっそう身近なものとなっていくことでしょう。

「家督を継ぐ長男により多く財産を残したい」「嫌いな者に財産をあげたくない」「相続で家族がもめるのは嫌だ」「慈善団体に寄付したい」という方は、是非「伝統相続アドバイザー」の当相談室に相談してみて下さい。きっと名案が浮かんでくると思いますよ。


平成31年2月度の無料相談会の日程をお知らせいたしますのでご賢覧下さい。


【場所】 いせはら市民活動サポートセンター打ち合わせコーナー①
     
【日程】 2/2(土) 2/9(土) 2/16(土) 2/23(土) 

【時間】 13:30~17:00

【相談事例】 相続事務、遺言作成(遺言執行含む)、成年後見(法定後見、任意後見)、生前(死後)事務委任、家族信託、各種公正証書作成、消費トラブル、農地転用(農地法4条、5条)、太陽光発電事業者への農地売却、産業廃棄物収集運搬業許可、建設業許可、倉庫業登録、告訴・告発状作成、各種内容証明作成等

【ご予約】 原則不要ですが、なるべくならご予約をお勧めします。

【相談料】 無料

【お問い合わせ】 市民なんでも相談室「縁」坂本まで

【電話】 0463-86-6918 /   090-1033-8723

下記ホームページの【お問い合わせ】メールフォームからもお問い合わせできます。

行政書士 坂本法務事務所 ホームページ

 
http://dentou-souzoku.jimdo.com/  

尚、今月の無料相談会開催日は、1/18(金) 1/26(土)でございます。

11:25
2018/12/25

中島湘煙の小説『山間の名花』英訳が受賞.

Tweet ThisSend to Facebook | by 雨岳文庫を活用する会

雨岳民権の会の岩崎稔様からのご報告です。
 山口家オクノマの名書「襖の書」でご存知の中島湘烟の小説『山間の名花』の英訳作品が下記受賞をされたことが報告されました。
 岩崎様からの報告内容をそのまま掲載致します。

<岩崎様からのご報告>
コーネル大学アジア研究部により恭子セルデン記念翻訳賞(
Kyoko Selden Memorial Translation Prize)をローソン(博士)の中島湘烟『山間の名花』英訳が、受賞しました。賞を受けた作品は、2019年1月にAsia Pacific Journal Japan Focus にオンライン出版されるとのことです。

【ローソン(Dawn Lawson)博士紹介】

現在、アメリカのミシガン大学東洋アジア図書館館長。2014年二ュヨーク大学博士号受理。博士論文は、中島湘烟(岸田俊子)の文学をテーマにしたもの。20112012年に、フルブライト奨学金を受け日本を研究中に雨岳文庫の事を知って2017年夏に、雨岳文庫を訪問されている。ローソン博士は、「その時、湘烟の書いた襖の書などを見て、とても感動した。」と言う。ローソン博士は、「いずれ湘烟の伝記を書くことを目標としているが、その前に湘烟日記の英訳にチャレンジする」と語っている

【小説『山間の名花』とは】

『山間の名花』は、1889年「都の花」に出た湘烟の自由民権運動をやめた後の結婚生活を描いた小説です、その時代の政治、社会のことも入っています。スタイルは明治中期の漢文、漢詩、文語をキャラクターのセリフが混ざってあるものです。

ローソン博士、翻訳賞受賞のお知らせ~ローソン博士からの便り


21:06
2018/12/24

お茶席と薩摩琵琶と能の集いのご紹介です。

Tweet ThisSend to Facebook | by 雨岳文庫を活用する会

12/24(月・祝日)は山口家にて「能を知る楽しみ」が開催され「能と琵琶のワークショップ」が開かれ、宮様の離れと中庭では裏千家茶道准教授の尾田宗和様自らがお茶をもてなして下さいました。 40人ほどの多くの一般参加の皆さまは、観世流能楽師(重要無形文化財能楽保持者)加藤眞悟さま、並びに錦心流琵琶・水会会長田中井琇水さまの能舞と薩摩琵琶の演奏、その後の能および琵琶演奏の持つ意味の分かりやすいご説明を見聞され、共に深い歴史を持つ伝統であることも理解させていただきました。ここではそのほんの一部ですがスナップ写真にてご紹介させていただきます。

ご参考

「雨岳文庫」 ホームページ  http://www.ugakubunko.com


















観世流能楽師・加藤慎悟さまが書院造りの部屋にて皆様の眼前で能を舞われました。


19:55
12345

WEB来館者

オンラインユーザー56人
ログインユーザー0人
2185665人目のご利用者
    since 2011/12/1
提案型協働事業制度について
 
イベントカレンダー
助成金情報
  • 企画競争を前提とする公募 障害者の多様な学習活動を総合的に支援するための実践研究
  • LUSHチャリティバンク
  • お金をまわそう基金助成事業
  • 平成31(2019)年度 ユネスコ活動費補助金(SDGs達成の担い手育成(ESD)推進事業)の公募
  • 緑化を伴うヒートアイランド対策に関する助成事業
  • 2019年度自然体験活動支援事業「第18回トム・ソーヤースクール企画コンテスト」
  • 日本の伝統文化の維持・向上への助成
  • HTM基金
  • 2019年度「アジア留学生インターン受入れ助成プログラム」
  • 平成31(2019)年度文化芸術による子供育成総合事業(芸術家の派遣事業)特定非営利活動法人等実施分・実施団体募集
  • 持続可能な開発のための教育(ESD)に関する2019年ユネスコ/日本ESD賞の公募について
  • 都道府県緑推推薦事業「子どもたちの未来の森づくり事業」
  • 特定公募事業 「災害に強い森林づくり事業/森林整備・緑化推進」
  • 緑の募金公募事業 一般公募事業
  • 第31回 地域福祉を支援する「わかば基金」/リサイクルパソコン部門
PAGE TOP