文字:







本日の閉館時間
原則17:00閉館
事前予約がある場合は
最大20:30まで開館

本日22日(水)17:00閉館

23日(木)20:30
24日(金)20:00
25日(土)20:30
26日(日)休館日
27日(月)20:00
28日(火)20:30
 
全館占用利用日のお知らせ
全館占用利用の時間帯は、一般のご利用はできませんのでご注意ください。
 【全館占用利用日】
 利用はありません
 
 
情報提供のお願い

 このページを利用して、登録団体の皆さんから情報発信することができます。
市民の皆さんに、より多くの「役立つ情報」が届きますよう、皆さんからの情報提供をお願いいたします。

 サポセンに「掲示物・配架物」として持ち込まれたチラシなどについては「館内掲示板・配布台から」のページに掲載していますが、写真や添付書類を使ったより詳細な情報や、チラシ以外の情報などをお寄せいただければ幸いです。
 なお、写真の掲載にあたっては、写っている方々の個人情報について十分にご留意・ご配慮ください。(全員の公開同意を原則とし、当方は一切の責任を持ちえません)

 情報提供の方法については、利用登録団体会員専用ページ「このサイトの使い方」をご覧ください。
 
登録団体から情報発信ができます!

2019/05/07

道灌公と下糟屋・上粕屋を訪ねるウォークです。

Tweet ThisSend to Facebook | by 雨岳文庫を活用する会
 5/18(土)に雨岳ガイドの会では以下にご紹介する文化財ウォークを企画しました。
私たちと共に我が町を少し深堀りする旅への誘いです。

ディスカバー いせはら 日本遺産「大山詣り」の道を歩こう②        

 大山道合流の地、道灌ゆかりの 下糟屋・上粕屋
      ~150年ぶりに地元力で神事復活~ 

江戸時代、大山は、山頂に祀られている石尊大権現(阿夫利神社)と、中腹にあった別当寺雨降山大山寺を中心に大いに栄えました。その大山参詣の道が大山道です。

伊勢原市内には、まだ多くの大山道や道標が残っています。大山道の中でも、「青山道(青山通大山道)」「戸田道(柏尾通大山道)」「田村道(田村通大山道)」が最も多く利用された道です。その青山道と戸田道は下糟屋で合流し、青山道(戸田道)と田村道は上粕屋で合流しました。その下糟屋から上粕屋までを歩きます。


☆  日  時 2019518日(土)午前9時~午後3時 約5.6

☆  集  合 午前9時 伊勢原市役所前

☆  コー ス 太田道灌の墓~大慈寺~糟屋宿跡~普済寺~高部屋神社~

丸山城址~咳止め地蔵~東〆引の道標~山口家住宅・雨岳文庫資料館
~千石堰用水・三所石橋供養塔~洞昌院・太田道灌の墓

*コースは都合により一部変更する場合があります。

解  散 洞昌院(最寄バス停 道潅塚前)

募集人員 45(先着順)

持 ち 物 昼食、飲み物、タオル、帽子、筆記用具など

参 加 費 500円 なお、交通費、拝観料などは参加者負担。

服  装 歩きやすい服、温度調節ができる服、運動靴

申 込 み 

メール 庄司  syouji.takashi@rose.plala.or.jp

電話  蛭田  090-8056-4356(午後5時~7時)

    上野  0463-95-1771(午後5時~7時)

ウォーク時  次回の「申込み」を歓迎します。

雨天決行。ただし荒天(暴風雨警報など)の場合は中止。

 主  催    NPO法人 雨岳文庫を活用する会 雨岳ガイドの会

後  援    伊勢原市教育委員会



19:03

WEB来館者

オンラインユーザー55人
ログインユーザー0人
2286681人目のご利用者
    since 2011/12/1
提案型協働事業制度について
 
イベントカレンダー
助成金情報
  • 在宅医療研究への助成
  • 東日本大震災現地NPO応援基金 [特定助成] 「大和証券フェニックスジャパン・プログラム2019」
  • 第6回きよくん基金、ドラベ症候群の研究への助成
  • ライフ・チャレンジ・ザ・ウォーク
  • 一般公募助成金
  • よみうり子育て応援団大賞
  • 2019年度(第45回)社会福祉助成金
  • 第16回九州ろうきん「NPO助成」
  • 四国労働金庫社会貢献活動「助成金」
  • SBI子ども希望財団 施設充実事業に関する助成金申請
  • 平成31年度 既設のおもちゃ図書館に、おもちゃセット助成事業
  • 平成 31 年度 山科直治記念 「文化・スポーツ・レジャー活動支援事業」について
  • トヨタ自動車株式会社「トヨタ環境活動助成プログラム」2019年度 
  • 第30回 緑の環境プラン大賞
  • 2019年度「横寺敏夫 患者と家族の支援基金」公募
PAGE TOP