文字:







本日の閉館時間
原則17:00閉館
事前予約がある場合は
最大20:30まで開館

 6月15日(月)まで
 サポセンは利用休止です
 
全館占用利用日のお知らせ
全館占用利用の時間帯は、一般のご利用はできませんのでご注意ください。
 【全館占用利用日】
6月20日(土)9:30~12:30
地域福祉を考える会
 
 
 
情報提供のお願い

 このページを利用して、登録団体の皆さんから情報発信することができます。
市民の皆さんに、より多くの「役立つ情報」が届きますよう、皆さんからの情報提供をお願いいたします。

 サポセンに「掲示物・配架物」として持ち込まれたチラシなどについては「館内掲示板・配布台から」のページに掲載していますが、写真や添付書類を使ったより詳細な情報や、チラシ以外の情報などをお寄せいただければ幸いです。
 なお、写真の掲載にあたっては、写っている方々の個人情報について十分にご留意・ご配慮ください。(全員の公開同意を原則とし、当方は一切の責任を持ちえません)

 情報提供の方法については、利用登録団体会員専用ページ「このサイトの使い方」をご覧ください。
 
登録団体から情報発信ができます!

2019/10/05

古民家での能、琵琶、お茶のおもてなしの紹介です。

Tweet ThisSend to Facebook | by 雨岳文庫を活用する会

10/5(土)は山口家主屋で「能を知る楽しみ」と称し、「和文化の集い」がもたれ、観世流能楽師の加藤師匠、薩摩琵琶士の田中井師匠による演舞と演奏が、古民家の「書院造りの間」を背景に行われました。また、隣の「宮様の離れ」では、裏千家茶道准教授の尾田師匠自らの御手前による、お茶おもてなしが行われました。快晴の天候のもと50名以上の方々が江戸時代にタイムスリップした憩いのひと時を感じられたことと思います。この集いの前後では25名の方が主屋の見学を希望され、雨岳ガイドの会の案内人がご説明をさせて頂きました。ここではその一部ですがスナップ写真にてその模様をご紹介させていただきます。

ご参考

「雨岳文庫」 ホームページ  http://www.ugakubunko.com

本HPではパートⅠとして「能と薩摩琵琶」のご紹介を致します。
パートⅡとして、この後に茶道のご紹介を致します。お楽しみください。

▼能の演舞に先立ち大貫講師による解説をいただき、重要無形文化財能楽の保持者である加藤師匠による演舞が披露されました。








23:12

WEB来館者

オンラインユーザー8人
ログインユーザー0人
2818379人目のご利用者
    since 2011/12/1
提案型協働事業制度について
 
助成金情報
  • アジア・市民交流助成(新型コロナウイルス対応特別プログラム)
  • ソニー音楽財団 子ども音楽基金
  • 2020年度 静岡トヨタ自動車「ハイブリッド基金」
  • 2020年度 テーマ指定「子育て支援事業」
  • 2020年度 静清信用金庫「せいしん地域のちから基金」
  • 未来のつばさ プロジェクト支援事業2020
  • 2020年度粉体工学に関するシンポジウム等開催の援助
  • 2020年度粉体工学に関する研究者育成の援助(研究者育成)
  • 2020年度粉体工学に関する研究のための研究費助成(研究助成)
  • JASM 研究部会補助金制度
  • 第40回緑の都市賞
  • 第31回緑の環境プラン大賞
  • エフピコ環境基金
  • 障がい者支援団体への助成
  • 現代演劇・舞踏対象公募プログラム2020
PAGE TOP