文字:







本日の閉館時間
原則17:00閉館
事前予約がある場合に限り
最大20:30までとなります。

 本日12月 2日(水)17:00  閉館

            3日(木)17:00
    4日(金)20:00
    5日(土)17:00
    6日(日)休館日
    7日(月)20:30
    8日(火)20:00
 
全館占用利用日のお知らせ
全館占用利用の時間帯は、一般のご利用はできませんのでご注意ください。
 【全館占用利用日】
12/3(木)9:30~13:00
 いせはら市民活動サポーターズ
12/7(月)18:00~20:30
 伊勢原市国際交流委員会

 
 
情報提供のお願い

 このページを利用して、登録団体の皆さんから情報発信することができます。
市民の皆さんに、より多くの「役立つ情報」が届きますよう、皆さんからの情報提供をお願いいたします。

 サポセンに「掲示物・配架物」として持ち込まれたチラシなどについては「館内掲示板・配布台から」のページに掲載していますが、写真や添付書類を使ったより詳細な情報や、チラシ以外の情報などをお寄せいただければ幸いです。
 なお、写真の掲載にあたっては、写っている方々の個人情報について十分にご留意・ご配慮ください。(全員の公開同意を原則とし、当方は一切の責任を持ちえません)

 情報提供の方法については、利用登録団体会員専用ページ「このサイトの使い方」をご覧ください。
 
登録団体から情報発信ができます!

2020/11/21

糟屋宿に宿る歴史を訪ねました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 雨岳文庫を活用する会

11/21(土)は雨岳ガイドの会主催にて「池端から下糟屋」の文化財の道を歩きました。この地は平安時代の終わりには「糟屋の庄」と呼ばれ、京都伏見の安楽寿院の荘園でした。現在の平塚から伊勢原にかけての広範な荘園ですが、下糟屋は「糟屋荘政所」が置かれ、西相模全体の政務を統括したと言われています。鎌倉時代から室町時代前半には糟屋有季が、室町時代後半から戦国時代には太田道灌が活躍したと思われる「丸山城」が。また、江戸後期にはロシアからの圧力と北の大地の安寧を願い、生活環境の厳しい蝦夷地に向かった僧たちの苦難の歴史が刻まれている地でもあります。私たちは小春日和の中を37名の小学生を含む一般の方々と、会員12名の計49名で、コロナ対策を取りながら、この地の歴史に触れる文化財ウォークを楽しみました。一部ですがウォークの写真を掲載させていただきますのでご覧いただければ幸いです。

ご参考

「雨岳文庫」 ホームページ  http://www.ugakubunko.com


















▲快晴の大山の麓には丸山城址西郭に立つ東海大学病院が。



19:59

WEB来館者

オンラインユーザー6人
ログインユーザー0人
3076205人目のご利用者
    since 2011/12/1
提案型協働事業制度について
 

 
イベントカレンダー
助成金情報
  • 2021年度 エフピコ環境基金
  • 2021年度 経済的困難を抱える子どもの学び支援活動助成
  • 令和2年度継続助成(第2回) 洲崎福祉財団
  • 第1回日本フィランソロピック財団公募助成金
  • 「公益信託今井記念海外協力基金」2021年度募集
  • 千葉日報子どもの育ち応援基金 2021年度
  • 若者×ツナグバ
  • マツダ財団第37回(2021年度)市民活動支援
  • 第3回 一般財団法人グローバルヘルスケア財団研究助成
  • 2020年度<特定課題>「先端技術と共創する新たな人間社会」
  • 第24回地球倫理推進賞
  • 令和2年度森林・山村多面的機能発揮対策交付金(東京都・埼玉県・神奈川県)
  • 現代演劇・舞踏対象公募プログラム2020
  • 大規模災害発生時における防犯活動緊急支援助成募集要項
  • 助成認定制度
PAGE TOP