文字:







本日の閉館時間
原則17:00閉館
事前予約がある場合は
最大20:30まで開館

本日23日(金)20:00

24日(土)20:30
25日(日)休館日
26日(月)20:00
27日(火)20:30
28日(水)15:00閉館
 15:00~サポセン協議会
29日(木)20:30
 
全館占用利用日のお知らせ
全館占用利用の時間帯は、一般のご利用はできませんのでご注意ください。
 【全館占用利用日】
8月28日(水)15:00~17:00
 サポセン協議会
9月7日(土)15:00~17:00
 よっしゃ伊勢原
 
 
情報提供のお願い

 このページを利用して、登録団体の皆さんから情報発信することができます。
市民の皆さんに、より多くの「役立つ情報」が届きますよう、皆さんからの情報提供をお願いいたします。

 サポセンに「掲示物・配架物」として持ち込まれたチラシなどについては「館内掲示板・配布台から」のページに掲載していますが、写真や添付書類を使ったより詳細な情報や、チラシ以外の情報などをお寄せいただければ幸いです。
 なお、写真の掲載にあたっては、写っている方々の個人情報について十分にご留意・ご配慮ください。(全員の公開同意を原則とし、当方は一切の責任を持ちえません)

 情報提供の方法については、利用登録団体会員専用ページ「このサイトの使い方」をご覧ください。
 
登録団体から情報発信ができます!

2019/07/22

山口家で発見された貴重な「矢」

Tweet ThisSend to Facebook | by 雨岳文庫を活用する会

 山口家にて発見された「矢」は江戸時代から続く安田弓具店の技術の高さを示す貴重なものでした。本日7/22(月)に山田弓具第11代目ご当主の安田一様によるご説明を受けました。そのポイントと写真をお楽しみください。
・この矢は江戸時代には大名以外は使えなかった最高級なもの。

・矢羽は大鷲の若鳥のもの。絶滅危惧種でもあり、この羽根は現在では使えない。
・軸は「角箆(かくの)」と呼ばれ正確に飛ぶ最高級の材、作り方も難しい。
 「安田」の焼印がある。
鏃(やじり)は殺傷能力があるもので、実戦でつかえるもの。
矢筒も漆塗りの高級なもの。
・この矢の制作時期は明治後期~大正初期のもの。
 制作者は「安田清三郎」(第八代)のものと思われる。
以下に「矢」の写真と、安田様による「矢」のご説明時のスナップ写真を掲載しました。お楽しみください、

◇貴重な「矢」の写真その1です。






22:02

WEB来館者

オンラインユーザー45人
ログインユーザー0人
2407683人目のご利用者
    since 2011/12/1
提案型協働事業制度について
 
イベントカレンダー
助成金情報
  • 2020 年度広域安全事業助成
  • 2019年度 社会福祉事業 NPO基盤強化資金助成 「組織および事業活動の強化資金助成」
  • 音楽活動への助成
  • 助成認定制度
  • 2021 芸術・文化による社会創造ファンド
  • 2019年度 子どもたち”こころを育む活動”
  • ソーシャル・ジャスティス基金第8回 助成公募
  • 2020年度 瀬戸内海地域振興助成
  • 2019年度しみん基金・こうべの助成事業
  • 障がい者給料増額支援助成金
  • 2020年度 日本万国博覧会記念基金(EXPO‘70 FUND)
  • 2019年度 高齢者福祉助成
  • 日母おぎゃー献金基金(研究助成金)
  • 日母おぎゃー献金基金(什器・備品等助成金)
  • 日母おぎゃー献金基金(施設助成金)
PAGE TOP