文字:








 
 
本日の閉館時間
原則17:00閉館 事前予約がある場合に限り最大20:30までとなります。

本日  9日(金)20:00
    
   10日(土)17:00
   11日(日)休館日
   12日(月)17:00
   13日(火)20:00
   14日(水)17:00
   15日(木)17:00
 
全館占用利用日のお知らせ
全館占用利用の時間帯は、一般のご利用はできませんのでご注意ください。 
 【全館占用利用日】
◆12月10日(土)9:30~14:00
 パソコンを活用する会
◆12月17日(土)13:00~17:00
  CoderDojo Isehara
◆1月14日(土)13:00~17:00
  CoderDojo Isehara
◆1月25日(水)18:00~20:30
 国際交流委員会
 
 
情報提供のお願い

 このページを利用して、登録団体の皆さんから情報発信することができます。
市民の皆さんに、より多くの「役立つ情報」が届きますよう、皆さんからの情報提供をお願いいたします。

 サポセンに「掲示物・配架物」として持ち込まれたチラシなどについては「館内掲示板・配布台から」のページに掲載していますが、写真や添付書類を使ったより詳細な情報や、チラシ以外の情報などをお寄せいただければ幸いです。
 なお、写真の掲載にあたっては、写っている方々の個人情報について十分にご留意・ご配慮ください。(全員の公開同意を原則とし、当方は一切の責任を持ちえません)

 情報提供の方法については、利用登録団体会員専用ページ「このサイトの使い方」をご覧ください。
 
登録団体から情報発信ができます!

2022/11/14

民権講座”盲目の民権家・府川謙斎”のご紹介

Tweet ThisSend to Facebook | by 公益財団法人 雨岳文庫

11/13(日)雨岳文庫山口家住宅にて開催された第8回湘南社民権講座”盲目の民権家・府川謙斎”のご紹介です。一般参加36名、府川謙斎のご子孫9名、スタッフ10名の計55名が集いました。主催された雨岳民権の会の豊様からの紹介文と写真5枚による講座の紹介を致します。

 平塚出身の民権家・府川謙斎は盲目の民権家として一部では知られていましたが、全貌は全く知られていませんでした。ある時期、突然、神奈川を去り東京へ転居しますが、その後、消息不明となっていました。ところが謙斎は土佐(高知)で民権家として大活躍をし、その後、三重県津市の「津観音」で生涯を閉じていたことがわかりました。このことは、謙斎の子孫・木下蜜運さんの書物で知ることができました。神奈川から忽然と消えてしまった謙斎が今によみがえった感動を覚えました。

 今日(11/13)は、謙斎の5名のご子孫が東大阪市・三重県津市・静岡市・東京から参加されました。神奈川で行動を共にした民権家のご子孫、また、山口家当主も参加されました。

 当時の民権家たちはどう生きていたのでしょうか。現代の私たちに何を語りかけているのでしょうか。ささやかな企画でしたが、多くの方々に支えられて、何とか終えることができました。ありがとうございました。

▼講演はNPO法人ガチャパンと共に生きる会の鷹林茂雄様により行われました。




00:53

WEB来館者

オンラインユーザー7人
ログインユーザー0人
4424150人目のご利用者
    since 2011/12/1

 
提案型協働事業制度について
 
イベントカレンダー
PAGE TOP